Overbitプラットフォームの独特な機能として、ユーザーが開くポジションごとに手数料、もしくはスプレッドを選択できる機能があります。このガイドでは、2つの選択肢の違いについて解説していきます。 これまでOverbitでは、どのポジションに対しても手数料が発生しませんでしたが、その代わりに市場価格に少額のスプレッドを加えていました。多くのトレーダーは、手数料なしでこのように取引することを好んでいます。しかし他の取引プラットフォームから移動してきた一部のトレーダーは、手数料での取引を好んでいます。これらの双方のユーザーを満足させるために、Overbitではポジションを開く際に、手数料とスプレッドの選択を可能にする切り替えのスイッチを導入しました。

手数料とスプレッドの切り替えは、取引ウィンドウの右上に表示されます。

手数料でポジションを開く

Overbitは、ポジションを開いたり閉じる度に、ポジションの想定元本(数量)のパーセンテージ手数料を請求します。 BTC/USDにおいての手数料は0.075%です。

例えば、BTC/USDが10,000USドルで取引されているとします。 1 BTCの買い(ロング)ポジションを開いたトレーダーには、0.075%X 1 BTCの取引開始手数料が請求されます。この場合には0.00075 BTC($ 7.50 USD)です。

同様に、トレーダーは1 BTCの0.075%の決済手数料を負担します。これは、そのポジションを決済する際に0.00075 BTCに相当します。

尚、請求される手数料は選択されたレバレッジに関係なく、ポジションの想定元本に基づいていることにご注意下さい。

Overbitは、このポジションの手数料計算を表す取引確認ウィンドウを表示します。手数料オプションを使用してポジションを開閉する場合には、手数料はトレーダーのウォレットの残高から差し引かれます。

スプレッドでポジションを開く

スプレッドにスイッチを切り替えることで、Overbitの市場スプレッドを使用してポジションを開く事ができます。市場スプレッドは、取引ペアの買い価格と売り価格の差額です。

BTC/USDでは、スプレッドは0.15%です。これは2 X 0.075%を表します。スプレッドは固定されており、価格の上下による変動はありません。

例えば、BTC/USDが10,000USドルで取引されているとします。スプレッドを選択すると、買いの価格は$ 10,007.50、売りの価格は$ 9,992.50になります。

スプレッドを選択しているユーザーは、ポジションを開く際と閉じる際の取引手数料を請求されません。これにより、取引手数料を考慮せずにPnL (確定損益) を簡単に計算する事が可能です。

回答が見つかりましたか?